アドバイスしてくれる人がいるのはありがたい

この記事を書いた人
hoshu

1996年に統合失調症発症。22年目。発症後僧侶の資格を取得し、30代になってから北京で3年ウイーンで1年海外生活。 1人でも多くの方が、希望を見いだし、心が救われますようにブログも書いてます😌 統合失調症のlineグループも創ってます!一緒に乗り越えましょう!

hoshuをフォローする

Lineグループ「すきゾ!」の良い点は、アドバイスをもらえることもあると思う。

特に陰性症状が酷い時期は、1日中人と関わらず、1人で悶々とネガティブに考えがちだ。

 

人は歳を重ねるにつれ、叱ってくれる年長の人を1人ずつ失っていきます。

そしていつか、誰も自分を叱ってくれなる時が来る。

それは、僧侶の世界でも同じだ。

大先輩の着付けが乱れていたり、法要中に背中が丸まったりして、もし年下なら叱りたいぐらいだ(笑)

でも、誰もそれを指摘する人はいない💦

 

実生活では先輩にはアドバイスしにくいれど、Lineグループは年齢の枠を超えて、お互いにアドバイス出来る雰囲気が心地良いな😀

コメント