僕が諦めることは、人類が諦めるということ

この記事を書いた人
hoshu

1996年に統合失調症発症。22年目。発症後僧侶の資格を取得し、30代になってから北京で3年ウイーンで1年海外生活。 1人でも多くの方が、希望を見いだし、心が救われますようにブログも書いてます😌 統合失調症のlineグループも創ってます!一緒に乗り越えましょう!

hoshuをフォローする

奇跡のリンゴ」と言われる、無農薬・無堆肥でリンゴを創っている木村秋則さんの本を読んだ。

無農薬・無堆肥でリンゴを創ることは、当時は不可能だと言われていた。

木村さんも長年苦労した。

収穫がちょっと減るのではなく、1つもリンゴが実らず、収入がないのが何年も続いたそうだ。

バブルの全盛の時代だったから、もし皆と同じようにリンゴを創っていたら、そこそこ裕福な生活が出来ただろうに、木村さんは諦めなかった。

しかし、結果は全く出ない。

他の作物では、無農薬・無堆肥でも、引けを取らない程の収穫があったというが、リンゴそう簡単にははいかなかった。

木村秋則
木村秋則

もし私が諦めたら、これから先無農薬・無堆肥でリンゴを創る人は出てこないだろう。

私が諦めるということは、人類が諦めることだ。

という強い信念で、人一倍働いて、やがては無農薬・無堆肥でリンゴの栽培に成功したそうだ。

僕が統合失調症に関するブログを書いて、Lineグループを創っているのも同じような感覚かもしれないと感じた。

時間的にもメンタル的にも金銭的にも自己を削りながらやっている活動だ。

こんなに面倒なことをやろうという奇特な人は、僕ぐらいしかいないのじゃないかな(笑)

でも、お陰さまで、Lineグループは100名を超えたし、家族会 ☆Pure Light☆は独立して、文科省は小学生からの精神疾患教育を!教員に精神疾患に対する充分な教育を!! に15,000人以上の賛同が集まっている。

辛いこともあるけど、その分楽になっている人もいるのは確かだから、あまりストレスにならない程度に続けて行けたらいいな🎵

コメント