入院生活。

この記事を書いた人
key

統合失調症歴約6年のmikanです。
Twitterやってます▶@mikan07835120
再発予防のため、ゼプリオンを月一筋肉注射してます。
ストレスを抱えて辛かった時もあったけど、色んな人と出会ったり経験したりして少しづつ成長して、考え方も変わってきて、生きるのが本当に上手くなったと自分で思う。
人は成長していくものだと思った。
主には樺沢先生の本読んだりYouTube見たり睡眠運動朝散歩とポジティブ日記、感謝親切ワークを参考に生活してます。
今幸せを毎日続ける💪🍀
日々に感謝🙏✨
先日はシルバーリボンの会の方で義務教育から精神疾患について教えて欲しいという要望が正式に提出されたとあり、精神疾患患者に対する偏見やそれによる適切な治療の妨げ等がなくなって誰もが生きやすい世の中になっていくことを心から望んでます。
適切な理解のために私もできる範囲でブログ等で更新していけたらなと思ってます。
よろしくお願いします!

入院中の部屋の窓から見えた河津桜

入院してからは、

最初は保護室に隔離されていました。

朝昼晩の食事と合間のお茶の時間以外は本当になにもなくて、

トイレと布団だけの部屋で過ごしました。

3日たったくらいの時に昼だけ大部屋に出してもらえたのですが、

落ち着かない様子だったのと職員にちょっかいを出して迷惑をかけたので、

大部屋への移動は見送りになってしまいました。

でもその時は必死だったから残念だとも思いませんでした。

しばらくしてからまた大部屋に昼間だけ出させてもらえて、

そこから徐々に大部屋に出る時間を増やしていって、

とうとう大部屋に移動できることになった。

保護室にいた時は、

預けてある除菌シートを通りかかった看護師さんに取ってもらってトイレや覗き窓を一生懸命ふいたり、

素手で埃やゴミを集めてトイレに流したり、

部屋の中をぐるぐる歩いたり、

覗き窓から看護師さんやヘルパーさんの様子を見るのだけが楽しみだった。

それが、大部屋に来てからテレビも見れるし荷物も自分で管理できるし、

デイルームに行けば看護師さんが呼べるし、

電話器もある。

約2週間で自分はそういう待遇になった。

でもここからがまた長い。

順調に1番待遇の良いストレスケア室まで行くことができたのだが、

一刻も早く退院したいと焦るあまりに、

コロナで禁止されていた院外のコンビニに行き、

そこで110番して警察に保護してもらおうと思ったのだ。

しかし、当然元の入院してた病院に帰されて、

また保護室からのやり直しになった。

でも今度は保護室でも本と折り紙が持ち込めたし2日だけで大部屋に移動できた。

それから知人とテレカで電話してゼプリオンがいいと聞き、

主治医に相談したら、飲み薬のインヴェガにして様子を見ましょう。

ということになった。

薬をそれまではリスパダールを飲んでいたのだが気分の上がり下がりが激しく、

状態が安定しなかった。

薬をインヴェガに変えてからは、

ずっと気分がフラットですごく安定している。

そのおかげか、

順調にストレスケア室にまた戻れて、

スマホも使えるし、

作業療法にも出れるだけたくさん参加している。

そして今週の月曜に退院日が決まり、

来週の月曜にいよいよ退院できることとなった。

待ちに待った退院が目前である。

退院したら私はお餅がたべたいです。

あと、菓子パンもお腹いっぱい食べたい。

入院中は賞味期限の早い食べ物が手に入らない。

コロナがなければ院外外出でコンビニまで買いに行けたのだが、

コロナが流行っているせいで、

買い物は院内の売店と自販機のみとなっている。

でも、

退院できるのだから、

退院してから目一杯食べたらいい。

今はとにかく残りの入院生活ゆっくり過ごそう。

そう思っている。

次のブログでデイケアの体験のことを書きます。