スポンサーリンク

冬季性うつ

この記事を書いた人
緑

思いついたこととか雑多にここに書いていきたいと思います。‪( ˙꒳​˙ᐢ )
グループLINEすきぞ!のメンバー(病気は寛解済み)

緑をフォローする

今まで慢性的に調子が悪くて全く気が付いてなく、むしろ誕生日があったり涼しい冬の方が暑いよりもいいと思ってました。

大人になって家事やら何やら自分で全部やらなければいけなくなって始めて冬のだるさの困難さに気が付きました。

学生時代、実家にいると自分でやらなくとも親がご飯を作ってくれたり調子が悪い時病院連れてってくれたりなんでもかんでも面倒を見てくれるので季節ごとや気圧で体調が変化しても特に困ることも無く気にすることもありませんでした。

いざ大人になって自立しなければならない、となった時、

それまで気づけなかった自分の体調の繊細さに初めて気づき周りの人のようにフルタイムで労働をするのはどうやら無理そうだということをようやく理解し始めました。

今の自分は自分の体調を整えることで精一杯でとてもじゃないが自分でお金を稼ぎ生計を立てれるような状態ではないです。

それと私は生き延びれればそれでいいとは全く思いません。

QOLを保てないくらいならば生きていても苦しいだけなので死んだ方がマシだと思っているし健康を損なった高齢者や難病の人に対しての安楽死にも賛成です。

健康でなければ生きていても仕方が無い、だから私は何よりも健康を最優先します。

コメント