統合失調症家族会☆Pure Light☆と仲良くやっていきたいな🎵

この記事を書いた人
hoshu

統合失調症当事者lineグループ「すきゾ!」の管理人。1996年に統合失調症発症。その後僧侶の資格を取得、30代で北京と3年ウイーンで1年海外生活。

1人でも多くの方が、希望を見いだし、心が救われますように😌 一緒に乗り越えましょう!一緒にいっぱい楽しみましょう😃

hoshuをフォローする

統合失調症家族会 ☆Pure Light☆は、元々はすきゾ!グループに含まれていた。

でも、あまりに管理が大変だったので、お願いして独立してもらった。

今では、「みんなねっと」の賛助会員となり、義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くしてほしいという署名が20,000近く集まるほどに活動は活発になった。

家族会は、当事者と社会を繋ぐ重要な位置にあるから、活動の幅が広がるのは嬉しい。

みんなねっととの連携
“みんなねっと”をご存知ですか? 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)という大きな…

 

しかし、独立したことによって、家族会☆Pure Light☆と当事者会の距離は広がってしまい、溝が出来てしまったようにも感じている。

当事者の想いと、家族会の想いは、やはり違う。

簡単に言えば、当事者は仲間と仲良く楽しくやりたくて、家族会は子どものために必死になっている。

 

独立以前は、家族会と当事者会はある程度の交流もあって、通話グループで一緒になったり、当事者+家族の混合オフ会など盛んだった。

 

これからの目標として、当事者と家族会の相互理解のためにお互いに交流を深めることを考えていきたい。