最近の事件について


どうも、うる次郎です。

痛ましい事件が続いておりますね。

病気の当事者としては、自身の体調の悪化に気を付けることと、これ以上の差別・偏見が増大することを危惧しております。

丁度、僕は障害者雇用で就職することを考えていたので、このような事件があると少し躊躇してしまいます。

また、一般の就職やバイトでさえ、高齢で空白期間のある人間で、特に男性は更に採用されにくくなるのでは、と憶測ですが、考えてしまいます。

就職は、しばらく様子を見た方がいいのかなあって思っております。


インターネット上の書き込みを見ると、心ない悪意に満ちたような内容が散見されます。

確かにそれは本音かもしれませんし、表現の自由もあるとは思いますが、それが誰かを深く傷つけてもいいってわけではないと思います。

まあ、嫌ならそういう書き込みを見るなと言われればそうなのですが、そういうのを放置しておくと、精神障がい者は要らないとか、危険であるとか、優生思想等に繋がっていくかもしれません。

そういうヘイトクライムをどう制限していくかについて、もう少し法整備等を推し進めてほしいですし(既にそういう関連の法律はあるとは思いますが)、一人ひとりが誰かや特定の集団を深く傷つけることのないようしっかり考えて発言するなりしてほしいと思います。

コメント