生きるのが上手くなった

この記事を書いた人
key

統合失調症歴約6年のmikanです。
Twitterやってます▶@mikan07835120
再発予防のため、ゼプリオンを月一筋肉注射してます。
ストレスを抱えて辛かった時もあったけど、色んな人と出会ったり経験したりして少しづつ成長して、考え方も変わってきて、生きるのが本当に上手くなったと自分で思う。
人は成長していくものだと思った。
主には樺沢先生の本読んだりYouTube見たり睡眠運動朝散歩とポジティブ日記、感謝親切ワークを参考に生活してます。
今幸せを毎日続ける💪🍀
日々に感謝🙏✨
先日はシルバーリボンの会の方で義務教育から精神疾患について教えて欲しいという要望が正式に提出されたとあり、精神疾患患者に対する偏見やそれによる適切な治療の妨げ等がなくなって誰もが生きやすい世の中になっていくことを心から望んでます。
適切な理解のために私もできる範囲でブログ等で更新していけたらなと思ってます。
よろしくお願いします!

過去私は自分の状況を上手く受容できずストレスを貯めて辛くしていた。

今は色々な経験、病院での治療により思考がマイルドになったこと。

樺沢先生の本を読んだりYouTubeを見たりしてどう生きていけばいいのかが定まってきたこと。

結果として私は自分のご機嫌を保つのが上手になった。

他人から悪口や悪意を受け取ってもサラッと流せたり気にしないこと、

一番効果があったのはポジティブ日記。

ポジティブなことに注目してネガティブなことに頭が囚われることがなくなったのだ。

毎日ポジティブで幸せ。

それを続けてます。

長い人生、楽しみをもっと増やして行けたらいいな、自分の中の幸せを増やしたい。

そのための親切ワークと感謝ワーク、

意識していきたい。

先日シルバーリボンの会さんの方で義務教育から精神疾患を教えて欲しいという要望が正式に提出されたとのことで、

ますます偏見のない誰もが生きやすい世の中に近づいたと思いました。

偏見は適切な治療への妨げとなっていると思うので、迅速な治療とリカバリーしやすい世の中になっていくことが望ましいです。

とにかくこのグループってそんな活動までできてて本当にすごいなって、このグループと出会えてよかったなって思ってます。

私もできる範囲でブログ更新して精神疾患への理解を広められたらなって思ってます。

あとは今日樺沢先生の本を読んだのですが、

アウトプット大全という本で、

何を話すかに気を取られがちだけど、それよりもどう話すかの方が大事だという内容が確かになぁと思って特に参考になりました。

笑顔で楽しく話せてたら100点だと思います。個人的に。

以上でした。ありがとうございます🍀