鬱の抜け道

この記事を書いた人
key

統合失調症歴約6年のmikanです。
Twitterやってます▶@mikan07835120
再発予防のため、ゼプリオンを月一筋肉注射してます。
ストレスを抱えて辛かった時もあったけど、色んな人と出会ったり経験したりして少しづつ成長して、考え方も変わってきて、生きるのが本当に上手くなったと自分で思う。
人は成長していくものだと思った。
主には樺沢先生の本読んだりYouTube見たり睡眠運動朝散歩とポジティブ日記、感謝親切ワークを参考に生活してます。
今幸せを毎日続ける💪🍀
日々に感謝🙏✨
先日はシルバーリボンの会の方で義務教育から精神疾患について教えて欲しいという要望が正式に提出されたとあり、精神疾患患者に対する偏見やそれによる適切な治療の妨げ等がなくなって誰もが生きやすい世の中になっていくことを心から望んでます。
適切な理解のために私もできる範囲でブログ等で更新していけたらなと思ってます。
よろしくお願いします!

先日に購入した樺沢紫苑先生の3つの幸福という本を少し読んだ。

ドーパミン的幸福は健康の上に成り立っているものなので、

優先順位が1番低いと、

モテたいとか、

人気者でありたいとか、

仕事で成果を出し続けたいとか、

それらは劣化していく幸福だから、

それらに重きを置いていたらいつかは不幸になってしまう。

だから、この先長く得続けることが出来る幸福を1番大切にしようって、

思ったら、

鬱が少し楽になりました。

能力や頑張りが関係なく、

得ることができる持続的な幸福。

自分にしかできない何かを求めて落ち込んでしまうけど、

幸せとは3つの幸せホルモンの組み合わせからできてて、

ドーパミン的幸福が全てじゃないってこと、

自分にしかできない何かがなくても、

生きてるだけで土地の肥やしというか、

賑やかしというか、

捉え方次第でこの先もずっと幸せでい続けることはできるということ。

まだ少ししか読んでないのに、

本を見た感想を書いてるので、

書いてある内容と違ってるかもしれない。

とにかくこの本を読んだら幸せになることが出来そうなので、

楽しみに読もうと思います。