泣きたかった日々に

統合失調症を受け入れられず、つらかった時期(半分クローズ、半分オープンで働いていた頃)に、励みになった歌をご紹介します。

 

アンパンマンの歌も好きなんですが

今回は、南北戦争で戦った無名の兵士が、病院に書き付けてのこされた歌をどうぞ。

現在、ニューヨークのリハビリテーション研究所の壁に、刻まれているとのことです。

 

『クレド』

                 原詩:ある兵士の祈り(作者不詳) 曲:古木涼子

「 成功を収めるために 神に力を願ったのに
  弱くなってしまった 謙遜を学ぶように
  偉大なことをするために 神に健康 願ったのに
  病気になってしまった 神の心にかなうように

  私の願いはなにひとつ 叶えられなかったけど
  希望した全てのことを 私は受けた 」

出典元:世界にたった一人の自分へー弱い者の信仰宣言ー古木涼子ーFC2

 

続きもあります(たしか3代目まであったはず)

気になった方は、youtubeでも聴けますので検索してみてください。

コメント