Lineグループでしか救えない人もいるはず!

この記事を書いた人
hoshu

1996年に統合失調症発症。22年目。発症後僧侶の資格を取得し、30代になってから北京で3年ウイーンで1年海外生活。 1人でも多くの方が、希望を見いだし、心が救われますようにブログも書いてます😌 統合失調症のlineグループも創ってます!一緒に乗り越えましょう!

hoshuをフォローする

Lineグループを運営していると、たまに病状が酷くて、荒らしになってしまう人もいる。

適切な治療を受けず、人と関わりを持たず、数年あるいは数十年と妄想の世界で暮らしているような人がそういう傾向になりやすい。

孤立するのが1番好くない
に入る人は、ネットも出来るということだから、ある程度調子が好い人が多いと思っている。しかし、中には調子が悪く、結果的にグループを荒らすことになる人もいる。そういう方は、波長が合わないから自然とグループから離れていくけど、最近はトラブルを避け

そういう人は波長が合わないから、自然とグループからは抜けていく。

今までは強制退会は出来るだけしないようにしていたけど、あまりにも病状が酷い人は強制退会ということに規約を変えた。

「すきゾ!」グループのルール
僕が自由な雰囲気が好きだからか、今まで「すきゾ!」グループのルールは明文化してこなかったけど、自然発生的に生まれたトラブルを避けるためのルールがあり、それを文章にしてみた🎵すきゾ!グループは聴和で調和を目指すグループです。自由...
hoshu
hoshu

統合失調症になった全ての人を救いたい

というようなコンセプトでやってきたから、グループに縁があっても救えない人がいるというのは、けっこうショックで、しばらくやる気を失っていた。

でも、逆に考えると、このグループでないと救えない人もいるということだ。

このグループで仲良くなった人もいるし、結婚までした人もいる。

これからも続けていけば、そういう人は増えるだろうし、このグループが社会と繋がる最後の場となる人もいるかもしれない。

グループ運営は大変なこともあるけど、出来るだけ多くの人がストレスなく参加出来るようなシステムを構築出来たらと思っている。

コメント